株式会社山本そば製粉

今後は「月の晦日はおそばの日」として蕎麦普及を目指します!

syashin16

比叡山と蕎麦

 伝教大師最澄は延暦七年(788年)に比叡山延暦寺を建てられた。そこには色々な修行がある。中でも荒行の一つ「千日回峰行」は別名「回峰地獄」と言い、比叡山山中を七年で千日間お経を唱えながらひたすら歩くもの。その距離は地球一回り四万キロメートルに及ぶ。修行中、行者は五穀と塩断ちをする。一般に米、麦、粟、豆、稗(ヒエ)又は黍(キビ)をいうが、比叡山では米、大麦、小麦、大豆、小豆だ。ここでいったい何が許されるのかと疑問が沸く。行者は蕎麦と野菜などを食べて、修行に励むと言う。今も、この行は途絶える事無く続けられている。

syashin18

蕎麦食い木像:親鸞聖人の伝説

 若き修行層の親鸞は、夢のお告げで京都の六角堂へ百夜の参拝を続けた。夜になると、寺を抜け出す親鸞を見て、同僚の僧達は、京の女性のもとへ通っているに違いないと噂をしていた。親鸞が比叡山を留守にしているとき、延暦寺の高僧はその噂を確かめるため修行僧を集め、蕎麦を振る舞った。その際、親鸞が自分の祈る姿を彫った木像が、修行僧らと一緒に蕎麦を食べたということだ。

この企業にEメールを送信する

企業情報

所在地 滋賀県大津市坂本3丁目17-36
電話番号(代表) 077-579-0415
FAX番号(代表) 077-578-1030
Eメールアドレス yamasoba@cube.ocn.ne.jp
ホームページURL http://www.yamamotosobaseifun.com/
代表者名 山本 宗五郎
設立年月日 昭和44年4月
資本金 1,500万円
従業員数 6名
業種 食料品製造業
業務内容・概要 そば粉の製造、そば粉入りパスタの製造、小麦粉、天ぷら粉、食用油販売、
手打ちそば打ち教室・手打ちうどん打ち教室の開講
主要製品 そば粉関係
小麦粉関係
そば粉入りパスタ・ソース
乾しそば・乾しうどん
ざるだし・鰹・そばカリントウ
そば打ち道具