中川誠盛堂茶舗

日本茶発祥の地、比叡山麓大津の銘茶!

平安の昔、最澄(伝教大師)が延暦二十四年(805年)に中国より持ち帰った一握りの茶種。
比叡山の麓、大津の里に蒔かれ育った茶樹が現在の日本茶の祖と謂われております。
1200年の歴史と伝統に培われた中川誠盛堂の近江茶は、格別の風味をもった銘茶の最高峰として、広く全国の愛飲家に好評頂いております。

農薬、化学肥料を通常の5割以下に減らし、琵琶湖周辺の環境への負担を軽減し、栽培しております。(滋賀県 こだわり農産物認証店)

【朝宮茶】
日本五大銘茶である朝宮は、京都府と滋賀県との県境に位置し、標高が400mほどの高地で、昼夜の気温差が激しく、霧が多い気候風土である事から、日本で最上の茶産地としても有名です。
収穫は丹念に摘みとられ、伝統的な製法で丁寧に作られています。香りや風味に特徴があり、茶葉自身から立ち上る独特の香気は、まさに緑茶の最高峰と呼ぶにふさわしい逸品です。

【政所茶】
滋賀県、琵琶湖の東部、鈴鹿山系の渓谷に位置する政所。
まさに、陸の孤島と称されるこの地で、室町時代から綿々と受け継がれた栽培法を今も変わることなく守っています。
また、石田三成が幼少のころ秀吉に出したとされる三杯の茶(三献茶)としても有名で、秀吉は生涯、政所茶を愛したと謂われ、後には朝廷や彦根藩にも献上されていました。

この企業にEメールを送信する

企業情報

所在地 滋賀県大津市中央3丁目1-35
電話番号(代表) 077-522-2555
FAX番号(代表) 077-523-3865
Eメールアドレス info@seiseido.com
ホームページURL http://seiseido.com/
代表者名 代表 中川 武
設立年月日 1858年(安政5年) 6月
従業員数 8名
業種 飲料・たばこ・飼料製造業
業務内容・概要 製茶・卸・小売
主要製品 朝宮茶、朝宮紅茶、政所茶
主な取引先 一般消費者、卸問屋、ホテル・旅館、官公庁等
取引金融機関 三菱東京UFJ銀行、滋賀銀行