株式会社 近畿エコサイエンス

お客様のニーズに合わせた有害物質の測定・評価と改善

syasin16

人にやさしい環境づくり、健康づくりに貢献する企業を目指し、高品質な技術、製品、サービスの提供に努めております。また、お客様のニーズに合わせた迅速な対応、お客様の立場に立ったご提案、測定結果に対する改善提案等でトータルにサポートすることを目指しております。
40年近くの環境測定の実績があり、測定ノウハウや対策事例が豊富にあります。環境測定や分析(作業環境、個人ばく露濃度、生体試料)を総合的に行い、化学物質リスクアセスメントにも役立てております。
サンプリング、報告書説明までを1人が責任を持って行う体制なので、作業場の状況を十分に理解した、お客様目線での作業現場に適した改善提案ができます。

syasin18

・有機溶剤使用ラインで有機溶剤濃度検出されていた。既存の排気装置で不十分であった。ラインに合わせた下方吸引方式の排気装置に変更することで作業しペースを確保した効率の良い排気を実現。

・水溶性の有機溶剤使用作業場で有機溶剤濃度が高く、一部が排水溝に流れていたことが判明、一時的に洗浄液を貯める場所と排気装置を設置した。結果作業場の有機溶剤濃度は低くなった。

・シート製造ラインで有機溶剤濃度が高く管理区分2及び3であった。点在する作業を集中させ、作業場を囲うことで効率的に排気することで作業場の有機溶剤濃度は下がり管理区分は1に改善した。

・化学物質のリスクアセスメントを進めるにあたり、有害物を取り扱いリスクは高く、既存の局所排気装置では効果に限界有り(管理区分は3)。リスク低減措置がとれない状況にあった。作業者の生体試料検査結果より暴露の少ない状況を調べ限定条件付きでリスクが低いことを評価できた。

・製造ラインで騒音レベルが高かった(管理区分3)。ライン形状にあった防音対策(吸音素材安価なも採用)を実施。コストパフォーマンスを考えた対策により騒音レベル低減(管理区分1)を実現。

・作業環境測定結果の管理区分と尿中代謝物等の分布区分とが乖離する事例について何度か調査したことがある。作業環境測定のみではフォローできない事例や、尿中代謝物等の検査のみでもフォローできない事例が多くあり、有機溶剤健康診断等でばく露について評価する場合は、作業状況等、尿中代謝物等の検査結果、作業環境測定結果、個人ばく露モニタリング結果等の総合的な情報のもとに行うことで原因究明がなされた。

この企業にEメールを送信する

企業情報

所在地 滋賀県大津市湖城が丘19-9
電話番号(代表) 077-511-2401
FAX番号(代表) 077-524-9935
Eメールアドレス info@kes-eco.co.jp
ホームページURL http://www.kes-eco.co.jp/
代表者名 代表取締役 北川 清司
設立年月日 平成13年4月
資本金 1,000万円
従業員数 43名
業種 技術サービス業(他に分類されないもの)
業務内容・概要 環境関連事業
主要製品 1.作業環境測定、2.環境計量証明、3.生体試料分析、
4.局所排気装置関連事業、5.環境・健康コンサルティング、
6.車輌管理事業
主な取引先 一般財団近畿健康管理センター
取引金融機関 滋賀銀行